小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 予防接種 クリニック 中山小児科医院

お知らせ

11月1日より、定期接種としての肺炎球菌ワクチンが従来の7価から13価に変更になりました。

肺炎球菌は乳幼児に重症な感染症(髄膜炎や敗血症)を起こします。肺炎球菌の種類は90くらいありますが、従来のワクチンはそのうち乳幼児が感染しやすい7種類の肺炎球菌に対するワクチンです。
平成25年11月1日からはさらに6種類増えて13種類の肺炎球菌に対するワクチンになります。バージョンアップするわけです。平成25年11月1日より全面的に13価ワクチンに変わります。すでに7価ワクチンで何回か接種している方も次回から13価ワクチンに変更することにより、7価ワクチンでは効果のなかった6種類の肺炎球菌に対しても効果が期待できます。
次は、すでに7価ワクチンの必要回数(標準的なスケジュールでは4回)を受け終わった子どもがどうすればよいかです。13価ワクチンならば防げる菌株(19Aなど)による重い肺炎球菌の病気に、数は多くはありませんが、1歳半以上の子どもたちがかかっています。そのため米国では7価ワクチンの接種が完了した方、具体的には生後14か月から59か月の子どもたちを対象に、13価ワクチンの追加接種(=補助的追加接種と言います)を1回、原則無料で行っております。
しかし日本ではすで標準的な4回接種が済んでいる方は、最終接種から2か月あけて、さらに13価ワクチンでの追加接種を受けることができますが、この5回目の接種は有料(1万円)となります。
ただし、助成になる以前に(平成23年4月以前)自費負担で接種されている方は公費で受ける権利が残っていますので13価による補助的追加接種を定期接種として公費(無料)で行うことができます。
詳しくはhttp://www.know-vpd.jp/news/1552.php

ページの先頭へ