小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 予防接種 クリニック 中山小児科医院

お知らせ

子宮頸がん予防接種(サーバリックスかガーダシルか?)

子宮頚がんワクチン
(子宮頚がんワクチンの予防接種を受けられる方へ)

・子宮頚癌ワクチンは二つのワクチンが選べます。(9月15日より)
・二つのワクチンとも、前もって予約が必要です。
・どちらのワクチンが良いかは、現在の所、判断が難しいです。
・両方とも3回接種ですが、接種間隔に少し違いがあります。
・どちらかのワクチンしか受けられません。

【両ワクチンの比較】
■サーバリックス:
子宮頸がんを起こしやすい2つのウイルスの感染を防ぐ(60-70%)
非公式には5つのウイルスに効果ありといわれている。
免疫の持続が長いと推察されている(断定できず)
       
■ガーダシル:
子宮頸がんを起こしやすい2つのウイルスの感染を防ぐ(60-70%)
そのほかに尖圭コンジローマ(外陰部に好発する良性のイボ)を起こすウイルスにも効果があるといわれている。

      【接種間隔】
サーバリックスは2回目が初回より1ヵ月後
ガーダシルは初回より2ヶ月後
3回目はどちらも初回より6ヵ月後

☆子宮頚癌に対する効果は、長期的にサーバリックスが良いと考えられますが、ガーダシルは尖圭コンジローマも予防する効果があり、悩むところです。
☆予約の際にどちらかを指定する必要があります。

予防接種のところもご覧ください。

ページの先頭へ